« 債務負担行為 | トップページ | 契約、財産の取得・処分 »

専決処分    

 市長において議会の議決すべき事案について特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるときなどは、市長はその議決すべき事案を処分することができるとし、この処置については市長は次の会議において議会に報告し、その承認を求めなければならない(ただし不承認でも処分は無効にならない)とするもの(地方自治法第179条)。

 ただし、軽易な事項で議会が指定したものの専決処分については、市長は次の会議において議会に報告するだけでよい(地方自治法第180)。

« 債務負担行為 | トップページ | 契約、財産の取得・処分 »

無料ブログはココログ