« スーパーエコスクール実証事業 | トップページ | 附属機関問題 »

防災  

       市の担当課は防災安全課

(19)災情報のページ<内閣府>大規模地震時の電気火災の発生抑制対策の検討と推進についてなど) 

(18)水防法等の一部を改正する法律(17.6.19 施行/区市町村地域防災計画に定められた洪水等の浸水想定区域内又は土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設に対し、避難確保計画の作成、訓練の実施が義務づけられた)のよくある質問Q&A(国土交通省) 報道記事.pdf報道記事.pdf

(17)水防法等の一部を改正する法律(15.5.20 公布、7.19 一部施行、11.19 完全施行/従来は河川周辺にのみ設定されていた「浸水想定区域」を市街地などにも拡大し、市町村がその区域を定め、地域防災計画に基づき避難場所や避難経路を示す「ハザードマップ」を作り住民に周知する) 報道記事.pdf報道記事.pdf ご参照  ご参照

(16)文部科学省の科学技術・学術審議会の「地震調査研究を踏まえた退避行動等に関する作業部会報告書」(平成22年5月31日)

(15)災害時、命を左右する排せつの問題ミラー

(14)地震により滝寺S.C.体育館の天井部材が剥がれる(お知らせミラー

(13)Photo_6Photo_3J-SHIS(地震ハザードステーション)J-SHIS Map生駒周辺.pdf<→左図(クリックで拡大)を見ると、縄文~弥生時代に島・半島であった生駒と海であった大阪湾・奈良盆地・京都盆地<→右図(クリックで拡大)との対比が明確です。

(12)砂防指定地/地すべり防止区域・急傾斜地崩壊危険区域/土砂災害警戒区域⇒こちら

(11)土砂災害 警戒区域外で

(10)テントは、安心できる居住環境を確保する中期的な解決策の1つになる  テント村「開鎖は困る」.pdf  被災した住民にテントや寝袋・マット(参照1参照2) テント避難  地震災害の場合は屋外での避難が基本:避難場所(空き地)・広域避難場所(大規模な空き地)  災害の種類によって取るべき避難行動は異なる  地震災害のときと風水害のときとで別の場所

(9)防災・災害支援書籍の無料公開

(8)地滑り 県は15.9.15、07年度に調査していた、地震で地滑りを起こすリスクが指摘されている大規模盛り土造成地の調査結果をマップにして公表しました(大規模盛り土造成地マップ)。<報道記事.jpg

(7)土砂災害

 ②広島土砂災害は人災(土砂災害の根本原因は何か).pdf

 ①市役所からのお知らせ 土砂災害 あなたのところは大丈夫.pdf

(6)地域防災計画  防災会議

(5原子力災害 

(4)<14(H26).11.2>帰宅困難者訓練報道資料.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf報道記事.pdf   南海トラフ 奈良市民の帰路検証.pdf

(3)大事なことは皆で決めよう会のHPから⇒防災学検定問題(2008~2013年の6ヵ年)防災学検定のHP(朝日新聞社広告局)に掲載の「防災学検定」問題を引用させていただいてまとめたものです。解答・解説編も同HPに掲載されています。

(2)生駒市総合防災マップ 2013年版が作成され、13(H25)年4月1日号の「広報いこま」と同時に全戸配布されました(市長日記報道記事.pdf報道資料.pdf)。

(1)ため池耐震化   

   

« スーパーエコスクール実証事業 | トップページ | 附属機関問題 »

無料ブログはココログ