« 保健(健康保持)問題      | トップページ | 辻町インター問題 »

他山の石(他自治体の問題から学ぶ) 

【17(H29). 3.23】戻らぬ雨傘.pdf

【17(H29). 3. 3】これでいいのか、今治市議会!疑惑の学校法人に、施設整備費の債務負担行為限度額96億円の助成金を付けて36億7500万円で購入した約17万平方メートルもの市有地を無償譲渡(報道記事.pdf報道記事報道記事解説記事NAVERまとめ)。

【16(H28).12】再開発白紙撤回.pdf

【16(H28).11】ため池にソーラーパネル!? 住民の知らぬ間に(報道記事.pdf)

【16(H28).10.28】時代錯誤の2025年大阪万博構想案がまとめられた(報道記事.pdf)。

【16(H28). 11】こんな不純な動機(私利私欲)で「20年東京五輪」が誘致された。

【16(H28).10】高槻市が不当労働行為(組合活動理由に英語指導助手を卒業式に出席させず)<報道記事

【16(H28).9】債務18億円、三郷町が返済へ(報道記事

14(H26).2. 9】東京都知事選の投開票(東京都知事選の結果と総括) : これをもって、生駒市民にも大きな影響のある14年初頭の3大決戦は、2勝1敗でひとまず終わりました。   

14(H26) .1.19】名護市長選

  (1)1月7日に名護市で行われた「稲嶺ススム大決起大会」での決意表明

  (2)札束でほっぺたを叩かれるという屈辱に屈しなかった名護市民.pdf

13(H25).12.26】「11分の6の衝撃」(報道記事.pdf報道記事.mht)にもかかわらず民間人校長制度を堅持してきた大阪市教委は、今度は「22分の9の衝撃」(民間人校長採用試験に合格した22名中9人が、合格通知の前と後に辞退)に見舞われたことが公表されました(報道記事.pdf)。辞退しなかった13人の方々にも民間人校長制度が教育を荒廃させる理由を認識していただきたいと願います。(それにしても、大阪市教委関係者は「何か不祥事を起こされるより、辞退してくれてありがたい」と言ったといいます。笑い話ですね!)  。

13(H25). 9.19】大阪市教委は、民間人校長3人が新たに不祥事を起こしたことを認めました。これで、半数以上の民間人校長が不祥事を起こしたことになります(報道記事.pdf)。この「11分の6の衝撃」(報道記事.mht)は民間人校長制の異常性を実証し、これにより、大阪市の教育の荒廃は更に進みました。民間人校長制度を直ちに撤廃することが大阪市の教育を救う道です。(参考  : 民間人校長制度が教育を荒廃させる理由

【13(H25). 3.28】京丹後市議会は基地対策調査特別委員会を設置して京丹後米軍レーダー基地設置問題に取り組んでいます。

   

« 保健(健康保持)問題      | トップページ | 辻町インター問題 »

無料ブログはココログ