« 学校給食センター更新   | トップページ | 奈良先端大の事業活動に伴う環境汚染 »

生駒市の保育所  

(1)16(H28)年4月時点で、市内の

 ①認可保育所は23園(うち1つは分園)⇒生駒市内(認可)保育所案内

    〇認可保育所の内訳 : 市立保育所が4園(うち1園はこども園)、私立保育所が19園(うち1園は分園)

    〇私立保育所の内訳 : 従来からの認可保育所15園(うち1つは分園)、15(H27)年度からの子ども・子育て新制度その用語)により認可保育所となったもの(地域型保育)4園

    〇地域型保育の内訳 : 事業所内保育2園(キッズ・ガーデン/阪奈中央こぐま園)、小規模保育2園(にじ保育園/いちぶちどりキッズ)

 ②認可外保育所は5園⇒認可外保育施設一覧

       阪奈中央こぐま園は、事業所内保育(0~2歳児保育)と認可外保育所(4・5歳児保育)とを併設

 *各園の詳細は、市のHPの教育振興部こども課のページ

(2)市の待機児童 <生駒市の「隠れ待機児童」は0人(ご参照)>

 ①保育所定員は08(H20)年度比で16(H28)年度は約1.8倍となっており、数字上は待機児童はとっくに解消されていたはずである。しかし、保育所が増設されると、そのたびに、育児休業されている方や幼稚園の長時間預かり保育を利用されている方などが新たに保育所への入所を希望されるようになって入所希望児童が増大するので、待機児童数は横ばい状態が続いている<09(H21)年4月 53人/10(H22)年4月 71人/11(H23)年4月 79人/12(H24)年4月 112人/13(H25)年4月 43人/(H26)年4月 59人>。

 ②15(H27)年4月時点で68人で、特に0歳~2歳児の待機が約75%を占める状況となっており、その対策が喫緊の課題であるとの認識から、市は15(H27)年度より地域型保育推進事業.pdfを開始。

 ③待機児童は16(H28)年4月時点で54人。4・5歳児の待機は0となり、3歳児の待機も若干となった。16(H28)年度中に、

  ・事業所内保育が更に1園開設の予定。

  ・生駒幼稚園こども園移行事業.pdf が実施される。

 ④待機児童解消の努力<12(H25).4まで

   【12(H25).4.13】待機児童は43人となり、待機児童の解消はなりませんでした(報道記事.jpg)。

   11(H23).7.26】②関連記事.pdf

     【11(H23).7.15】①後続記事.pdf

   【11(H23).7.01】市は認可保育園を4園新設し、待機児は2年後に解消へ(報道記事.pdf市民福祉委員会に同項目あり)

(3)【13(H25).4.1】病児保育園が開園(お知らせ.mht)。

 

« 学校給食センター更新   | トップページ | 奈良先端大の事業活動に伴う環境汚染 »

無料ブログはココログ