« こんな学校「管理」職が少なくない(教育荒廃の最大原因)      | トップページ | 岸和田市丘陵地区整備事業   »

生駒伝承「神功皇后と鶏」/生駒伝承「生駒の産土神の鶏追い」     

「神功皇后と鶏」あらすじ

 神功じんぐう皇后が三韓(古代の朝鮮半島)征伐に向かって暗越くらがりごえ奈良街道(注1)を進軍する途上、生駒の暗峠(注2)の麓に宿営した。皇后は鶏に明朝鳴いて出発の時を知らせるようにと厳命した。しかし、いつまでたっても鶏は鳴かなかった。そのため皇后は出発できなかった。大変怒った皇后は鶏を龍田川に捨ててしまった。しかし、下流のほとりの龍田大明神は、神の使いでありながら流されている鶏を救い上げた。それより、鶏は龍田神社にて人々の清めを司っている(注3)。そして、毎年元旦には神社の裏山から金の鶏の吉兆の鳴き声が聞こえるという。(皇后の宿泊地には諸説ある。また、鶏は早く鳴きすぎた、遅く鳴きすぎた、との説もあるが、要は、鶏は神功皇后が征伐戦争に出発する時を命令通りに知らせなかったのである。) 

   (注1)暗越奈良街道⇒このページの(1)・(3)・(4)・(6)をご参照。

   (注2)暗峠⇒生駒検定<問13>をご参照。

   (注3)龍田神社の鶏⇒龍田神社の鶏の話をご参照。

「生駒の産土神うぶすながみの鶏追とりおい」あらすじ

  生駒(生駒山とその麓)の産土神(その土地を守護する神)は伊古麻都比古神いこまつひこのかみ(生駒を守護する男の神/「都」は「の」の意」)と、伊古麻都比賣神いこまつひめのかみ(生駒を守護する女神)の2神で、この2神は、神功皇后軍の出発の合図をするよう命じられていた鶏を未明(午前3時ごろ)に追い払うことで、神功皇后軍をして征伐戦争に出発させないようにした。(こちらの伝承によれば、生駒の守護神である産土神は、征伐に加担することで堕落することから生駒の鶏を守護したのである)。

<3>以上は、生駒検定<問21>その解答・解説を元に記述しました。

« こんな学校「管理」職が少なくない(教育荒廃の最大原因)      | トップページ | 岸和田市丘陵地区整備事業   »

無料ブログはココログ