« URニュータウン事業 | トップページ | 17(H29)年 9月定例議会   »

部活動  

(10)「スクールセクハラ」実態と構造(18.2.20)ミラー

(9)部活動外部指導員制度の導入はセキュリティー上不可能であることを示している事件

 ③【18(H30).5.12】アーチェリーコーチ、高校生にセクハラ.pdf

 ②【18(H30).4.26】相撲指導の夫婦がセクハラ

 ①【17(H29).8.26】女子バスケの教え子にわいせつ行為の疑い、コーチ逮捕⇒ 関連 : 教職員の服務に関するガイドライン(都教育委員会)の4ページ

(8)【17(H29).11. 2】部活動の目的は人格形成にあり。居酒屋で飲酒するような堕落した部員を生み出すような部活動の目的とは真逆のことをやっている部は廃部しなければ学校全体が堕落します。

(7)部活動の外部指導員導入について担任目線から見た心配事

(6)部活動指導者ハンドブック(専門外の種目を指導した活動例⇒P.31)

(5)学校の部活動―消え失せた「自主性」と「教育の論理」

(4)部活動の目的⇒①「生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動については,スポーツや文化及び科学等に親しませ,学習意欲の向上や責任感,連帯感の涵養等に資するものであり,学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること。」(学習指導要領)  ②心と体の健康とスポーツ (文部科学省)

(3)部活動の法的根拠  超勤4項目

(2)学校教育法施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリックコメント(意見公募手続) の結果

(1)生駒市立中 クラブ活動 熱中症死亡事故

« URニュータウン事業 | トップページ | 17(H29)年 9月定例議会   »

無料ブログはココログ