« サッカーW杯ロシア大会のポーランド戦での日本代表の「敗退行為」(時時間稼ぎ・逃げ回り) | トップページ | 奈良県立高校再編問題   »

18(H30)年 6月定例議会

議案一覧(開会報道記事なし)<議案付託先一覧表>   市長記者会見(5月28日)<質疑応答配布資料.pdf>  日程  一般質問(吉波⇒安全・安心のまちづくりについて)

注目議案・賛否の分かれた議案

一般会計補正予算(第1回)

  ① 本会期中の618日の大阪府北部を震源とする地震により、高槻市の児童が登校中に、学校のプールのブロック塀の下敷きになって死亡した事故を踏まえた、生駒小学校のブロっク塀の撤去・フェンス設置工事の費用(699万円)を計上。

 ②工事内容⇒生駒小学校敷地北側に設置しているブロック塀は、高さ1.8m、長さ約120m、控え壁が4.8mごとに設置されている「補強コンクリートブロック塀」。このブロック塀は、ブロックの厚さ、鉄筋による補強には問題はなく基準に適合しているが、控え壁が現在の基準(3.4m以下ごとにつき1箇所)を満たしていないことから、来年度に改修を予定していたところ、今回の地震による倒壊事故を受け、早急に安全を確保することが重要であるとのことで予算の補正となった。工事の内容は、現在設置されているブロック塀を撤去したのち、高さ40センチの基礎コンクリートを打設し、高さ1.5mのメッシュフェンスを設置する。

 ③財源(歳入)としては、平成29年度決算剰余金の内、699万円を前年度繰越金として計上。

 ④今回の地震後実施した市の公共施設の緊急点検の結果、この補正予算に計上した生駒小学校の他に、井出山のテニスコートなど改修を急ぐブロツク塀もあるが、これらの改修等は必要経費が判明次第、既定予算の流用や予備費の充当などにより対応する予定。

 ⑤予算委員会で付託審査  ⑥反対なく可決

専決処分の報告(損害賠償の額の決定)

 ①今年4月12日午後3時頃、市立生駒中学校第2グラウンドにおいて、陸上部の練習中に部員の投げた円盤が入学式のため臨時で駐車していた教師の車両に当たり、ボンネットが破損したため、修理代として10万
円を、損害賠償金として支払う。

 ②中学校の部活動に円盤投げを取り入れる妥当性を検討する必要があろう。

総合計画特別委員会を設置

委員会の調査事項⇒資料はこちら

(1)都市建設委員会

  ①「生駒市空家等対策計画」の策定

  ②「県域水道一体化構想」

(2)厚生消防委員会・・・なし

(3)市民文教委員会・・・なし

(4)企画総務委員会・・・コミュニティバスの市立病院線等の運賃改定

*議会報「市議会のうごき」最新版とバックナンバー

« サッカーW杯ロシア大会のポーランド戦での日本代表の「敗退行為」(時時間稼ぎ・逃げ回り) | トップページ | 奈良県立高校再編問題   »

無料ブログはココログ