« 生駒市で最も人気ある作家は誰? | トップページ | 沖縄の民意はどこにあるのだろう。 »

小説(原作)&劇場アニメ「ペンギン・ハイウェイ」の舞台についての注釈

(*)データ

 ①原作者は森見登美彦さん(ペンネームは本名の姓に生駒神話の主人公登美彦を合わせたもの/79(S54)年1月6日生まれ)

 ②原作発表(刊行)年は10(H22)年5月で、原作者が31歳の時。

(1)けいはんな線は、開通が06(H18)年3月27日で、原作発表時には開通しているものの、原作の中ではまだ開通していませんが、劇場アニメでは開通していることになっています。けいはんな線とそれに接続する大阪市営地下鉄中央線(現在は名称は大阪メトロ中央線と変えられています)は愛称を「ゆめはんな」「近畿中央未来鉄道」といい、夢や未来に向かって走る鉄道というイメージがあります。アオヤマ君とお姉さんが海へ向かうのに、原作では近鉄奈良線に乗ったことになっています。この線も車窓から見る大阪平野の景色は素晴らしいものがありますが、劇場アニメでは、夢や未来に向かって走るというイメージを重視してけいはんな線に乗ったことにしたのでしょう(けいはんな線の路線図.jpg)。

« 生駒市で最も人気ある作家は誰? | トップページ | 沖縄の民意はどこにあるのだろう。 »

無料ブログはココログ