« 文藝別冊 総特集「森見登美彦」(19年1月30日初版発行)<抜粋> | トップページ | 18(H30)年 3月定例議会 »

議員の報酬・定数削減問題の資料・参考   

(1)定数についての資料

 ①地方自治法第91条<議員定数>   生駒市議会の議員の定数を定める条例

 ➁英国の歴史学者パーキンソンは、閣僚の定数について分析する。それによると、最も望ましいのは5人である。首相と大蔵、外務、防衛、法務の各大臣で足りる。この程度なら、互いに存分に意見交換し、かつ秘密も保てる。ところが、内閣はふくらむ傾向をもつ。権力を欲する人々がポストを求めて突き上げるからだ。彼らをおとなしくさせるには人数を増やして処遇するのが手っ取り早い。かくしてやがて2桁となっていく。20人を超える頃、組織は突然変異を起こす。主要メンバー5人ほどが前もって大体のことを決めてしまうようになる。会議は儀式と化し、時間の無駄となる。朝日新聞「天声人語」(14.4.24)より>

 ③請願(川越市自治連合会)

 ④これまでの行政改革推進委員会の提言についてより>議員及び特別職報酬等の適正化に向けた提言 (生駒市行政改革推進委員会行政委員会報酬等検討部会)/その資料編

 ⑤生駒市定員適正化計画

 ⑥議員定数削減 識者に聞く

 ⑦<18(H30)年 9月定例議会>吉波の議員定数削減賛成討論

    この討論の関係資料・・・ドイツの社会学者マックス・ウェーバーは、政治家論の古典となる「職業としての政治」を著し、その中で政治を「天職」とする政治家の三つの「内的資質」を論じた。情熱、責任感、判断力である。ここでの情熱は、何らかの信仰のようなものによる。ある目的への献身の情熱だ。責任感は、この目的対する客観的責任が常に意識されていることである。判断力は、物事た人々から距離をとる能力ー客観性を意味する。<豊永郁子・早大教授「政治季評」(朝日新聞 19.11.21

 (2)報酬についての資料

  ①生駒市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例

 (3)定数と報酬の両方についての資料

  ①削減問題についての「みんなの会」の見解

  ②他市の状況

  ③定数・報酬はいくら削減するのが妥当か?

     吉波の生駒市議会議員の定数と報酬の削減を求める会のアンケートへの回答アンケートへの回答の記

« 文藝別冊 総特集「森見登美彦」(19年1月30日初版発行)<抜粋> | トップページ | 18(H30)年 3月定例議会 »

無料ブログはココログ