« <今週の社会科教材>冤罪が発生するメカニズム(自白偏重主義に基づく自白強要) | トップページ | 「生駒山の飛火(とぶひ)が岡」の「高見の烽(とぶひ)」 »

生駒山のこと  

改定新版はこちら

 生駒山は、生駒山地(連峰) の全部または部分をいう場合、その主峰wikipedia とその近くの峰々をいう場合、主峰のみをいう場合、の3通りがありますが。このサイトでは、主に生駒市域の生駒山地のことについて記載します。

<問〇〇>とあるのは、生駒検定<全国版>の問の番号です。

◎生駒山の語源は、縄文語(アイヌ語)で「鹿がそこにいる」山・・・<問17>「生駒」の語源・由来ご参考

◎日本神話でイザナギ・イザナギの男女2神がつくった豊秋津洲とよあきつしまは生駒山のこと・・・<問15>神話の里(その2)~「国生み神話」の舞台~ ご参照 

◎生駒山は、生駒を舞台とする日本神話(生駒の神話)の舞台・・・<問1>神話の里(その1)~生駒神話(生駒を舞台とする日本神話)~  

   神日本磐余彦天皇カムヤマトイハレヒコノスメラミコト(神武天皇)「塩土の翁しおつちのおじに聞くと『東の方(引用者注 : 生駒山の向こう側)によい土地があり、青い山が取り巻いている。その中へ天の磐舟いわふねに乗って、とび降ってきた者がある』と。思うにその土地は、大業をひろめ天下を治めるによいであろう。きっとこの国の中心地だろう。そのとび降ってきた者は、饒速日にぎはやひというものであろう。そこに行って都をつくるにかぎる。」(日本書紀<現代語訳> より)

◎古来、さまざまな字があてられてきた・・・膽駒山、射駒 、伊駒 、伊古麻 、伊故麻 、生馬 、往馬05

生駒山のてっぺんから見た大阪平野の夜景(→右の写真<クリックで拡大>)<この夜景が広がるところ、かつては海原であった>

司馬遼太郎「城塞」生駒山記述部分抜粋.pdfより

29   司馬遼太郎さんが日本のどこよりも好きだった摂河泉の大眺望(→右の写真<クリックで拡大>)<この平野が広がるところかつては海原であり、この写真を撮ったあたりで、生駒山に向かって進攻してくるイワレヒコ軍をナガスネヒコは睥睨へいげいしていたのではないか。>  この写真は、この阪奈道路の地図に「摂河泉の眺望」と印字したところ(その写真)で撮影(ここは車を止める場所がなく、撮影チャンスは後続車両がない一瞬ですが、徒歩道があるので、それを利用すればゆっくりと撮影できます)

◎生駒山の謎・・・<問2>謎多き山「生駒山」<解説に、古代日本における生駒山の不思議と謎あり>ご参照

◎生駒山地のほぼ中央を東西に横切るのが暗越・・・<問13>歴史を見つめてきた暗峠」ご参照  

生駒山越の峠道

◎作品中の生駒山

 ・古来、生駒山は人々から愛され、和歌や俳句に詠まれてきた・・・<問27>古来、生駒山は和歌や俳句に詠まれてきた。 ご参照   うたまくら ゆかし生駒山暗がりの道の句とふみ <共に、生駒市誌より>

 ・生駒山を舞台とする小説・・・<1919(T8).1.1・1.15>「赤い鳥」(1・2月号)にて、生駒山も舞台とする、芥川龍之介作「犬と笛」が発表される・・<問23>短編小説「犬と笛」ご参照

 ・司馬遼太郎「城塞」生駒山記述部分抜粋.pdf

 ・暗峠にかかる小説や俳句については、<問13>歴史を見つめてきた暗峠」ご参照

ナガスネヒコ、東征軍が河内湾に侵入したことをいち早く知ることができた。古代、生駒山には高見の烽(とぶひ)が設置されていた。生駒山には、南北朝時代に見張り場があった。 生駒山には、江戸時代から近代に至るまで「旗振山はたふりやま(米相場を旗を振って伝達するための中継点の山)」があった。今日でも、生駒山上にはテレビ塔が林立している。⇒このように、古代より、生駒山は、遠近の情報を収集・伝達するステーションでもありました。そうであった理由は、上掲の2つの写真を見ればわかります。 

記紀(古事記・日本書紀)に記された生駒山

  夏五月一日、大空に竜に乗った者が現われ、顔かたちは唐の人に似ていた。油を塗った青い絹で作られた笠をつけ、葛城山の方から、生駒山の方角に空を馳せて隠れた。正午頃に住吉の松嶺まつのみねの上から、西に向かって馳せ去った。<日本書紀 斉明紀>

◎生駒出身の作家で、生駒北部のまちを舞台にした小説「ペンギン・ハイウェイ」(<問22>小説「ペンギン・ハイウェイ」 ご参照)の作者の森見登美彦さんは生駒山をこのように語っています⇒その1その2「太陽と乙女」<抜粋>より)

 森見さんは、浪人時代、大阪の予備校(難波の代々木ゼミナール)からの帰りに生駒山を歩き回ったそうです(ご参照.pdf照)。   森見さんのおすすめスポットは、古代の雰囲気が漂う生駒山と大和文華館だそうです(ご参照.pdf)<司馬遼太郎さんの「城塞」.pdfの冒頭部分を読むと、生駒山が古代の雰囲気を漂わせている理由がわかります>。 

◎生駒山東麓に伝わる伝承・・・生駒伝承「神功皇后と鶏」/生駒伝承「生駒の産土神の鶏追い」ご参照

◎生駒山には、日本初のケーブルがあり、その終点にある生駒山上遊園地には日本最古の飛行等塔がある・・・<問25>生駒の全国初・全国先駆け・全国一・全国唯一・全国最古の(1)-③ご参照

◎生駒山東稜ゆかりの歴史群像  

  ・蘇我入鹿は645年の乙巳の変で倒されたが、その前々々年の642年に入鹿は山背大兄王やましろのおおえのおうを攻撃し、王は生駒山中に逃げた・・・<問24>生駒ゆかりの諸群像の(13)ご参照  

  ・行基・・・<問3>生駒を愛し今も生駒に眠る偉人ご参照

  ・忍性・・・<問24>生駒ゆかりの諸群像(8)ご参照 

◎生駒山東稜の宝山寺

  ・伝承によれば、655年、役行者が、山背大兄王が逃げ込んだあたりの生駒山中を修験道場とし、ここに都史陀山大聖無動寺としださんだいしょうむどうじを建て、時が過ぎ、1678に湛海律師がこのお寺を再興して、歓喜天を祀り、寺名を宝山寺と改名した。 

  ・1918(T7)年>泉鏡花作「紫障子」発表。この作品の中で、宝山寺の浴油供よくゆくが登場・・・<問24>生駒ゆかりの諸群像の(7)ご参照

  ・<1951(S26).9~1952(S27).11> 宇野浩二作「芥川龍之介」が「文学界」に連載された。1953(S28).5 刊行。この作品によると、芥川龍之介が、直木三十五、宇野浩二と共に宝山寺方面に遊行した・・・<問24>生駒ゆかりの諸群像の(2)ご参照

  ・<1981(S56). 8>宝山寺も舞台とする、映画「男はつらいよ(第27作)~浪花の恋の寅次郎~」公開・・・<問10>「男はつらいよ」生駒の巻ご参照

◎生駒山の自然

  ・二ホンリスが生息・・・<問6>息づく野生動物ご参照

  ・不思議な「旅する蝶」アサギマダラが、旅の途中で休息する・・・<問5>不思議な「旅する蝶」ご参照

◎生駒山上遊園地や宝山寺はロケ地になっている・・・生駒市のロケ地ご参照

◎<1930年代前半>ブルーノ・タウトが、生駒山嶺小都市計画を立案・・・<問24>生駒ゆかりの諸群像の(1)ご参照

生駒山は火山か?

◎生駒山をくぐるトンネル・・・<問25>生駒の全国初・全国先駆け・全国一・全国唯一・全国最古 の(1)の ⑨ ご参照

◎生駒山上遊園地(スカイランドいこま )の駐車場はかつて「生駒山滑空場」だった・・・ご参照<リンク>  

◎ご参考・・・ 生駒山の位相トポロジー.pdf <リンク> / <問26>生駒の歴史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« <今週の社会科教材>冤罪が発生するメカニズム(自白偏重主義に基づく自白強要) | トップページ | 「生駒山の飛火(とぶひ)が岡」の「高見の烽(とぶひ)」 »

無料ブログはココログ